住宅

不動産投資を始めよう~空き室リスクを回避~

空き室リスクを防ぐ

電卓とお金

アパートやマンションなどの管理を行う人にとって特に気をつけておきたいのが空き室の発生です。基本的にアパートやマンションなどはその物件から発生する賃貸料で収益を上げていきます。ただ、入居者が集まらないことには賃貸料が手に入らないため収益を上げることはできないのです。それだけでなく、管理するための維持費などもかかってきます。このため、どうしても空き室が発生すると大きなリスクになる可能性があるのです。どうしても入居者が集まらないという時は一括借り上げを活用してみるのも一つの方法です。一括借り上げは管理会社に部屋を貸し、その管理会社から賃貸料を得る方法です。部屋を管理会社に貸すということは、そこが使われていなくても賃貸料を得ることができます。このため、空き室によるリスクを最小限に回避することができるのです。入居者が決まれば、入居者から得た家賃の9割から8割ほどを管理会社から受け取ることができます。このため、家賃の全額を受け取ることができるわけではないため気をつけておきましょう。一括借り上げを行うことで、空き室となっている部屋の管理にも費用がかからなくなります。管理会社がその部屋を管理してくれるためです。このため、マイナスになるのを防ぐことができます。ただ、一括借り上げを行う際はどのくらい手数料がかかるのか確かめておくことが大切です。手数料がかさむとその分、収益は減ってしまうため気をつけておくことが大切です。