包茎の種類

包茎にはいくつかの種類がありますが、包茎の状態によっては手術が必要になることもあります。ここからは、2つの包茎について紹介していきます。

仮性包茎と真性包茎の違い

仮性包茎

仮性包茎は、真性包茎とは違って自分で皮を向くことが可能なので、衛生面は保つことができます。また、意外とこの症状になっている方は多いので、そこまで心配をする必要もないでしょう。

真性包茎

真性包茎は、自分で皮をむくことができない状態です。そのため、汚れが溜まってしまい感染症にかかってしまう恐れもあります。臭いも発生し、病気になるリスクはかなり高まるでしょう。そのため、この状態なら早く治療をした方がいいとされています。

仮性包茎でも油断できない

仮性包茎は亀頭部分に汚れは溜まりませんが、普段亀頭が露出していない分亀頭の表皮が弱くなってしまいます。なので、亀頭の免疫力が弱まり、感染症や性病にかかってしまうリスクが高くなります。仮性包茎だからといって簡単に安心してはいけません。

包茎治療方法

  • 亀頭直下ダブルVカット法
  • ハイパーVカット法
  • ABC式包茎手術

包茎は早く改善を!手術で直せるので恥ずかしがる必要なし

股間を押さえる人

包茎になる理由

包茎は成長と共に剥けていくものですが、皮が長かったり、ペニスサイズが小さいといった理由で、成長しても皮が剥けなくなってしまいます。

男性

包茎の割合の方が多い

日本人は、特に包茎の人の割合が高いと言われていますが、世界的に見ても包茎の人の割合の方が高いと言われています。日本人の包茎の割合が高い原因としては、ペニスサイズが小さいからだと言われています。

ガッツポーズ

包茎に関する都市伝説

性行為をすることにより仮性包茎が治るという説がありますが、これはあながち間違いではありません。亀頭を守るために皮を被っていますが、性行為をすることにより亀頭が刺激され、丈夫になっていきます。ですが、これは体の成長が活発な10代~20代前半の若いうちでないと効果は薄いだろうと言われています。

男女

一番確実な方法

包茎を治すために、一番確実な方法は手術を行うことです。自分で皮を無理やり剥いてしまうと怪我をしてしまう危険性があります。ですが、手術をすることにより安全に包茎を卒業することができるので、一人で抱え込まず専門医に相談してみましょう。

包茎手術を受けた方の口コミ

喜ぶ人

評判通りだった

あるクリニックに行きカウンセリングを受けてみました。前々から評判の良いところを下調べをしており、カウンセリングが丁寧なところを選びました。手術も成功したので、とても満足しています。

[PR]
包茎手術の評判をチェック
信頼できるところが見つかる

広告募集中